本文へ移動

介護老人保健施設 五島福寿園

介護老人保健施設の目的と運営方針

介護老人保健施設は、介護、医学的管理の下での介護やリハビリテーション、その他必要な医療と日常生活上のお世話などの介護保険施設サービスを提供することで、入所者の能力に応じた日常生活を営むことができるようにし、1日でも早く家庭での生活に戻ることができるように支援すること、また、利用者の方が居宅での生活を1日でも長く継続できよう、短期入所療養介護(介護予防短期入所療養介護)や通所リハビリテーション(介護予防通所リハビリテーション)といったサービスを提供し、在宅ケアを支援することを目的とした施設です。

介護老人保健施設 五島福寿園の運営方針

入所者の日常生活能力の維持及び向上を目的に、家族的な雰囲気の中で医療ケア及び看護・介護・リハビリを提供し、地域と交流を図りながら関係行政機関及び地域医療機関等との連携のもと在宅復帰を目指します。
また、生活困難者に対しては、無料又は定額な費用で利用できる施設とします。
 
ご利用者様、ご家族様との出会いに感謝し、まごころを込めたサービスの提供を心掛けてさらなる発展をめざしてまいります。
 

法人概要

法人名社会福祉法人五島会 介護老人保健施設 五島福寿園
所在地〒853-0031 長崎県五島市吉久木町908-1
電話番号0959-74-2131
FAX番号
0959-75-0808
代表者
施設長 谷川 順一
設立年月日
平成3年5月13日

交通アクセス

住所:〒853-0031 長崎県五島市吉久木町908-1
社会福祉法人五島会 介護老人保健施設 五島福寿園の利用料金は、厚生労働省基準のサービス利用料金です。
ご利用者様の介護認定に応じたサービス利用料金から介護保険給付額を除いた金額(自己負担額)と居住費・食事に係る負担額及び必要に応じて算定されるその他の介護サービス加算の合計金額をお支払いください。
 
※施設のサービス体制の変更などにより、加算の対象及び料金が変わる場合があります。
※サービスのご利用により発生する加算もあります。
※料金体制の詳細はお電話もしくは「お問い合わせ」ページのフォームよりお気軽にお問い合わせください。
※PDFファイルの閲覧には、 Adobe Reader のインストールが必要です。
詳しくはAdobe Reader のダウンロードページ(外部リンク)をご覧ください。

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

納涼祭開催される

2017-08-05
7月29日五島福寿園では、毎年恒例の納涼祭が行われました。当日は、五島高校吹奏楽部と富江倭寇太鼓の皆さんによる演奏が披露され、施設入所者70名、通所利用者、法人内グループホームの利用者をはじめ、ご家族や地域住民の皆様の参加により盛大に行われました。その他、職員有志による蛇踊りやソーランなどを披露していただき利用者の皆さんには楽しいひとときを満喫していただきました。祭りのフィナーレは、縦6m横10mの巨大スクリーンに利用者の生活やリハビリの様子、家族との触れ合いと笑顔のスライドが映し出され、感動し涙する者も。ひと時の『涼』を感じていただいた祭りとなりました。参加いただいた家族より、「来年もまた期待しています」の言葉に職員一同頑張っていきたいと考えています。こうして祭りを開催できるのも、ご家族や地域の皆様の協力があって出来るものと感謝しています。何より、職員の「心ひとつに」なって準備・運営してくれたことに感謝します。
ありがとうございました。

幼稚園児と地域交流会

2017-07-14
7月14日(金)午前10時から学校法人第二双葉幼稚園の園児の皆さんと五島福寿園1Fフロアーにて交流会を開催しました。園児よりお遊戯のプレゼント、年長・年中の園児の踊る姿に涙する利用者もいました。その後、利用者との「ふれあい遊び」では、握手や「おてらのおしょうさん」で楽しい時間を過ごすことができました。園児も交流を通して、おじいちゃんおばあちゃんとのふれあいを体験していただき、利用者の皆様は園児から元気と長生きの源をいただいた時間でもありました。双葉幼稚園の園児の皆様そして園長先生をはじめ先生方に感謝します。ありがとうございました。
交流会を終えて利用者から「可愛かった。楽しかった。生きていて良かった」と喜びの声もいただきました。

所定疾患施設療養費の公表について

2017-07-11
平成28年度の所定疾患療養費の公表をいたします。
平成28年度
肺  炎 尿路感染 帯状疱疹   計  
平成28年4月  
5月  
6月  
7月  
8月  
9月  
10月  
11月  
12月  
平成29年1月  
2月  
3月  
合   計 36 18   54
 

介護老人保健施設九州大会に参加

2017-06-03
介護老人保健施設九州大会が佐世保市のハウステンボスで開催され、当施設からも8名参加しました。その中では、「オクラを食して血糖値の安定を!」と題してチームケアを通して取り組んだ内容を発表しました。また、さまざまな施設の口演発表を聞くことができて、さっそく業務に取り入れています。社会福祉法人五島会では、人材育成において職員教育にも力を入れており、様々な研修に多くの職員を参加させて知識や技術の向上に取り組んでいます。

最新の特殊浴槽が設置されました。

2017-05-18
介護福祉機器等助成事業により新しい特殊浴槽が設置されました。介護職員の労働力軽減と腰痛防止を目的に、介護職員が快適に入浴介助業務ができることを願っています。新しい特殊浴槽は、温度管理がコンピューターで制御される仕組みで、快適な入浴が実現できることと、介護職員が入浴介助において腰痛等の負担軽減ができる仕組みとなっています。右写真は、機器設置後に介護職員が取扱説明を聞いている様子です。入浴は利用者にとって楽しみの一つであり、職員にとっても負担のない入浴介助ができることを願っています。
TOPへ戻る